無料ブログはココログ

映画・テレビ

2014年6月 1日 (日)

2014年06月02日の4K放送

【2014年06月02日の4K放送】
 テレビ新時代開始
 1953年02月01日(日曜日)
 午後02時00分
 日本で初めてのテレビ放送が行われた。
 東京内幸町のNHK本部から、
 「こちらはNHK、東京テレビジョンであります」
 という声とともに、テレビ放送が始まった。
 そして、ついに迎えた。
 2014年06月02日(月曜日)
 「4K」テレビ試験放送が開始される。
 1日に6時間放送される。
 受信するためには、チューナーなどが必要である。
 現行のフルハイビジョン(HD)に比べて解像度が4倍という
 高画質を楽しめる「4K」テレビの試験放送が、
 2014年06月02日にスタートする。
 テレビの買い替え需要をにらみ、
 家電量販店などは売り場を拡大するが、
 対応テレビ以外にも複数の機器を用意する必要があるなど、
 家庭で見るにはまだハードルが高い。
 疑問点をQ&Aで整理した。
                   ◇
 Q 試験放送はどうすれば見られるのか
 A NHKや民放キー局、スカパーJSATが共同で、
 CS(通信衛星)デジタル放送のチャンネルを使い、
 音楽やスポーツ中継などの番組を
 1日当たり6時間程度放送する。
 視聴するには
 4K対応テレビに加え、
 放送を受信するチューナー、
 対応パラボラアンテナ、
 専用ケーブルなどの機器のほか、
 スカパーの視聴契約が必要となる。
 Q すぐに見られるのか
 A 対応チューナーがないため、
 家庭で見るには、
 シャープ製のチューナー内蔵レコーダーが発売される
 2014年06月25日が最短になる。
 ソニーは秋にチューナーを発売する予定だが、
 他のメーカーの対応は未定だ。
 Q サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会は
 A 総務省は、
 試験放送の目玉番組としたい考えで、
 調整を進めているが、
 放送は決まっていない。
 予選リーグの日本戦は
 6月15日、6月20日、6月25日
 (いずれも日本時間)の3日間のため、
 家庭で観戦するのは難しい。
 ただ、
 家電量販店などにはチューナーが先行入荷されるため、
 店頭での「街頭テレビ」が人だかりとなりそうだ。
 Q 本放送はいつ始まるのか
 A 平成28年ごろを目指している。
 だが、
 地上波での放送は現時点で想定されていない。
 試験放送用の機器がそのまま使えるかどうかも分からない。
 Q では4K対応テレビを買うメリットは
 A 国内大手の製品は、
 地上波放送などのフルHD映像を、
 高精細な4K映像に処理する機能を備えている。
 特に大型画面では、
 普段見る地上波でも
 4K対応テレビの画質が良いことが明確に分かるため、
 買い替え時に選ぶ人が増えている。
 調査会社のBCNによると、
 4K対応テレビの平均価格は
 今年4月時点で32万5600円。
 まだ高価だが、
 東芝が想定価格約23万円の40型の投入を予定するなど、
 今後の開発競争で値下がりが加速する可能性もある。