無料ブログはココログ

楽しい速記

2015年8月15日 (土)

2015年08月14日の体重とランキングバトルONLINE

【2015年08月14日の体重】
 体重:61.9kg
 BMI:20.0
 体脂肪率:6.5%
 筋肉量:54.9kg
 推定骨量:3.0kg
 内臓脂肪のレベル:1.0
 アクティブ度:95%
【2015年08月14日の速記】
 速記は、書いてみよう、覚えてみよう、練習してみよう、使ってみようという気持ちにならなければ習得できない。
 幾ら立派な使い手がいる速記法でも、自分がその気にならなければ、どうにもならない。
 最初に教わった石村式速記法も、二番目に教わった参議院式速記法も、私にやる気を起こさせてくれた。
 
 だから、私は速記が使えるようになった。
 食欲というか、書記欲というか、学習意欲が湧かないと速記は書けるようにはならない。
 カラオケも、歌ってみようという気持ちにならなければ、歌えるようにはならない。
 HP「速記の書き方」は、2015年08月14日現在、11万7270人の人が見てくれたが、何人ぐらいの人が興味を持って使ってくれているのだろうか。
 速記は今後も勉強する価値のあるものだと私は思っているが、見てくれた皆さんはどう思っているのだろうか。
 速記は書道の極致である。
 書くという作業、書き取るという作業を極めたものが速記である。
 速記教育は、文部科学行政の要でなければならない。
 速記教育の専門官もいない専門部署もない文部科学行政には、木枯らしが吹いている。
【2015年08月14日のランキングバトルONLINE】
2015/08/14 19:07:32 永遠プレッシャー / AKB48 39位 91.034点
2015/08/14 19:18:17 永遠プレッシャー / AKB48 34位 91.547点
2015/08/14 19:40:19 永遠プレッシャー / AKB48 49位 90.570点
2015/08/14 20:00:24 永遠プレッシャー / AKB48 41位 90.992点
2015/08/14 20:15:33 永遠プレッシャー / AKB48 38位 91.418点
2015/08/14 20:26:27 永遠プレッシャー / AKB48 34位 91.594点
2015/08/14 20:37:33 永遠プレッシャー / AKB48 36位 91.483点
2015/08/14 20:48:18 永遠プレッシャー / AKB48 26位 93.131点
2015/08/14 19:12:31 アイスのくちづけ / AKB48 △2位 91.813点
2015/08/14 19:23:22 アイスのくちづけ / AKB48 △2位 93.864点
2015/08/14 19:45:19 アイスのくちづけ / AKB48 ◇3位 93.475点
2015/08/14 20:05:23 アイスのくちづけ / AKB48 ◇3位 91.504点
2015/08/14 20:20:32 アイスのくちづけ / AKB48 ◇3位 90.933点
2015/08/14 20:31:31 アイスのくちづけ / AKB48 ◇3位 90.956点
2015/08/14 20:42:32 アイスのくちづけ / AKB48 ◇3位 92.399点
2015/08/14 20:53:17 アイスのくちづけ / AKB48 ◇3位 91.991点
2015/08/14 19:28:56 ヘビーローテーション / AKB48 20位 ★99.018点★
2015/08/14 19:34:33 ヘビーローテーション(踊ってみた!Ver.) / AKB48 ☆1位 ★99.579点★
2015/08/14 19:49:55 会いたかった(生音) / AKB48 20位 95.646点
2015/08/14 19:54:38 会いたかった (プロオケ)(生音) / AKB48 ☆1位 96.933点
 20曲歌って、全て90点以上は、我ながら大したものだ。
 大雨が降って、お客さんが少ないだろうと思って、久しぶりにお店に入った。

2015年8月 5日 (水)

2015年08月05日のアンテナ

【2015年08月05日のアンテナ】
(01)2015/08/05 17:06:08 はてなアンテナ - houseidaigaku_sokkishikaiのアンテナ
(02)2015/08/05 17:02:17 はてなアンテナ - sokkirokuのアンテナ
(03)2015/08/05 16:52:27 damdx100.000のブログ
(04)2015/08/05 16:46:44 mixi
(05)2015/08/05 16:21:41 Twitter
(06)2015/08/05 16:04:26 はてなアンテナ - nakamura_yoshifumiのアンテナ
(07)2015/08/05 16:04:24 白鵬富士朝青鶴龍のブログ
(08)2015/08/05 16:04:21 はてなアンテナ - aitakattaのアンテナ
(09)2015/08/05 15:51:42 houseidaigaku_jyuuyuukaiのブログ
(10)2015/08/05 15:51:23 雷門八郎のブログ
(11)2015/08/05 15:42:32 はてなダイアリー
(12)2015/08/05 15:35:09 鮪 勝雄の日記
(13)2015/08/05 15:31:59 日本速記競技会 - Yahoo!ブログ
(14)2015/08/05 15:31:24 アメーバブログ(アメブロ)
(15)2015/08/05 15:28:47 速記の学習 sokkinogakushuu - Yahoo!ブログ
(16)2015/08/05 15:26:05 Yahoo! JAPAN
(17)2015/08/05 15:17:59 浅草ステージカラオケ部 | mixiコミュニティ
(18)2015/08/05 15:16:59 速記の学習 | mixiコミュニティ
(19)2015/08/05 14:56:01 燕 鷹男
(20)2015/08/05 14:37:38 sokki keijiban
(21)2015/08/05 14:36:23 yaplog!(ヤプログ!)byGMO
(22)2015/08/05 14:23:45 sokkishiさんTwitter
(23)2015/08/05 14:07:05 速記一郎 sokkiichirouのblog
(24)2015/08/05 14:07:03 新緑の季節
(25)2015/08/05 13:25:10 2013年1月から
(26)2015/08/05 13:21:46 三甘林五郎
(27)2015/08/05 13:14:22 はてなアンテナ - sokkiniichanのアンテナ
(28)2015/08/05 13:12:20 楽しい速記|yaplog!(ヤプログ!)byGMO
(29)2015/08/05 13:11:44 sokki worpro club
(30)2015/08/05 13:03:19 日本速記競技会
(31)2015/08/05 12:57:19 sokki
(32)2015/08/05 12:55:19 速記埼玉さんのブログ | ニコッとタウン
(33)2015/08/05 12:44:05 sokkisaitama/ウェブリブログ
(34)2015/08/05 12:44:01 sokki 速記
(35)2015/08/05 12:21:12 速記の広場 sokkinohiroba
(36)2015/08/05 12:21:10 そよ風にのって
(37)2015/08/05 12:14:58 sokkiさんのブログ | ニコッとタウン
(38)2015/08/05 11:32:32 日本相撲協会
(39)2015/08/05 07:20:01 Google+
(40)2015/08/05 02:26:35 freeml byGMO
(41)2015/08/04 22:52:37 SNSオールギャザー
(42)2015/08/04 21:25:43 はてなアンテナ - 速記アンテナ
(43)2015/07/31 19:09:12 JOYSOUND.com
(44)2015/07/31 11:21:42 twitter
(45)2015/07/29 14:02:45 かすかべ湯元温泉
(46)2015/07/29 13:41:20 赤坂ふらっとん【カンティーナ】-cantina-
(47)2015/07/15 12:51:33 Facebook
(48)2015/05/18 15:45:19 速記の書き方
(49)2015/01/01 00:46:59 ニコッとタウン
(50)2014/12/19 00:19:52 【楽天】
(51)2014/04/24 12:33:05 はてなダイアリー
(52)2011/12/31 20:47:57 DAM★とも
(53)2011/03/11 13:16:26 pixiv(ピクシブ)
(54)2011/01/27 08:30:09 楽天ブログ
(55)2013/05/19 23:50:41 Yahoo!ジオシティーズ sokkidaigaku 速記大学

2015年7月29日 (水)

2015年07月29日(水)

【2015年07月29日(水)】
 小学生なら、ひらがな、カタカナ、数字(0123456789)が書ける。
 中学生なら、漢字が書ける。
 高校生なら、英語(abcdefghijklmnopqrstuvwxyz)が書ける。
 大学生なら、速記が書ける。
 これが速記普及のスローガンです。
 小学生なら、ひらがな、カタカナ、数字(0123456789)が書ける。は本当です。
 中学生なら、漢字が書ける。は本当です。
 高校生なら、英語(abcdefghijklmnopqrstuvwxyz)が書ける。は本当です。
 大学生なら、速記が書ける。はうそです。
 ほとんどの大学生は、速記が書けません。
 このうそを本当にすること。
 それが速記の普及ということです。
 文部科学省には、速記教育に関する専門官が1人もいません。
 速記教育に関する専門部署もありません。
 速記教育を正課として取り入れている大学も、ひとつもありません。
 速記は大切な学問の一つだと思うので、もう少し真面目に真剣に取り組んでほしいと思います。

2015年07月28日(火)

【2015年07月28日(火)】
 文部省と文部科学省は同一の組織ではありません。
 社団法人日本速記協会と公益社団法人日本速記協会も同一の組織ではありません。
 文部省認定と文部科学省認定と文部科学省後援とでは少しずつ意味が違います。
 毎回、問題作成者、問題文、朗読者、照合者、採点者、審査員は変わります。
 標準用字例も、少しずつ変化しています。
 20歳の時点での受賞と62歳の時点での受賞は、意味も意義も難易度も違います。
 同一人物であっても、視力も聴力も速記力も速記の方法も手の動きも反射神経も理解力も判断力も体力も、日々変化しています。
 使用する用紙やペンの種類、練習量や練習時間、そのときの速記の調子や体調も、1回1回違います。
 お金の有無もあります。お金がなくて、受験を断念したときもあります。
 時間の経過とともに、何もかもが変化をしているのです。
 現時点での実力を審査するのが検定試験であって、過去は全く関係ありません。
 今場所35回目の優勝をした白鵬が、来場所も36回目の優勝をするという保証は何もないのです。
 私にだって、そのうち、1級どころか3級にも受からない日がいつか来ると思います。
 成績が正当に評価されないのでは、練習する気が全く起こりません。
 検定試験は、性別、年齢、速記方式、過去の成績、過去の受賞歴、過去の職歴等に関係なく、平等、公平、公正に受験者を扱ってほしいと思います。
 名前を伏せて公平公正に審査してほしいと思います。
 1級に合格している人だから、3級でノーミスは当たり前だは、当たり前ではありません。
 20歳で1級に合格した人が80歳になっても1級に合格するとは限りません。
 力を落とさないように努力しているからノーミスが取れるのであって、誰にでもノーミスが取れるというものではありません。
 大学入試のように、検定試験が合格、不合格だけを決めるものならば、文部科学大臣賞とか協会最優秀賞とか協会優秀賞とかを設ける必要はありません。
 成績優秀者に賞を授与するということは、検定試験にも若干の競技性を持たせているわけです。
 全国1位でミス0.5%以内の人には文部科学大臣賞、2位の人には協会最優秀賞、3位4位5位の人には協会優秀賞というふうに、
 単に合否を決めるのではなくて、競技性を持たせて、受験者の向上心、競争心をあおっているわけです。
 受験者の向上心、競争心をあおっていておいて、受賞経験者には賞に該当していても賞を与えないという不平等な扱いをしているわけです。
 最低、「●級文部科学大臣賞 該当者あり 受賞者なし」というような発表の仕方をするべきだと思います。
 そうすれば、検定試験結果を読んだ人が、賞に該当する成績の人がいたけれども、受賞歴があるので受賞を取り消されたのだと理解できるかもしれません。
 私は、幸せな速記者だと思います。
 高速度速記競技会には、38年連続40回も出場することができました。
 40回のうち20回10位以内に入り、19回入賞することができました。
 しかし、年に一度の高速度速記競技会に出場するだけでは、能力を維持することができなくて、年に4回ある速記検定試験を受けるようになったのです。
 午前に3級を受け、午後には1級を受けています。
 1級合格の力はまだ戻っていませんが、3級はほぼノーミスの成績で13回連続合格しています。
 最初は、1級に合格している人間が3級で賞を狙うなんて大人気ないと思って黙っていましたが、
 賞に該当する成績を上げているのに、「該当者なし」という虚偽の結果報告をされ続けていることに対して抗議することなく黙っていることは、良くないことだと思うようになったのです。
 繰り返し検定試験を受けている人は、私ひとりではありません。
 過去にも、今も、毎回1級に合格している人はいます。これからもいるでしょう。
 そういう人にも平等に賞をもらえるチャンスを与えてください。
 やる気を持って速記の練習に取り組める環境を提供してください。
 「みんなの速記」にふさわしい速記法は何なのか、検定試験の結果は重要だと思います。
 個人の名誉だけではなく、速記方式の名誉をかけてみんな頑張っているわけですから、平等な扱いをしてください。

2015年7月16日 (木)

2015年07月15日の速記技能検定試験構想

【2015年07月15日の速記技能検定試験構想】
 日本速記競技会主催速記技能検定試験
 6級 10分間  400字 反訳 20分  392点以上で合格(1字1点) 800円
 5級 10分間  800字 反訳 40分  784点以上で合格(1字1点)1600円
 4級 10分間 1200字 反訳 60分 1176点以上で合格(1字1点)2400円
 3級 10分間 1600字 反訳 80分 1568点以上で合格(1字1点)3200円
 2級 10分間 2000字 反訳100分 1960点以上で合格(1字1点)4000円
 1級 10分間 2400字 反訳120分 2352点以上で合格(1字1点)4800円
 句読点、中点、一字空け、一字ダッシュも一字として計算する。
 原稿は、縦書右進行で書いても構わない。
 全文ひらがな、全文カタカナで書いても構わない。
 小学生でも受験は可能。
 録音機、パソコン、辞書等の使用は禁止する。
 2月第一日曜日、4月第一日曜日、6月第一日曜日、8月第一日曜日、10月第一日曜日、12月第一日曜日に実施する。
【2015年07月15日の速記競技会構想】
 日本速記競技会主催速記競技会
 A級 5分 1800字 反訳 90分
 B級 5分 1600字 反訳 80分
 C級 5分 1400字 反訳 70分
 D級 5分 1200字 反訳 60分
 E級 5分 1000字 反訳 50分
 F級 5分  800字 反訳 40分
 G級 5分  600字 反訳 30分
 成績順に各級10位まで表彰する。
 1年に1回以上実施する。

2015年6月24日 (水)

2015年06月23日の速記

【2015年06月23日の速記】
 速記科学研究会配付資料
 石村善左略歴
 大正5年3月9日福岡市生まれ。
 昭和5年6月 福岡商業3年在学中、中根速記会長中根正世の中根式速記講習会受講(3回、正味3時間)以後独習。
 昭和6年2月 第1回九州中等学校速記競技会 個人優勝。
 昭和6年12月28日 第1回全国中根式速記中等学校競技大会 個人2位。
 昭和7年12月28日 第2回全国中根式速記中等学校競技大会 個人2位。
 昭和7年12月28日 第1回全国中根式速記選手権大会優勝(16歳)
 昭和12年~14年 福岡商業学校講師。
 昭和14年~19年 参謀本部専任速記士。*
 昭和15年 法政大学専門部政経部夜間入学。戦時勤務となり、通学不能に陥り中退。
 昭和16年 岩村式カナ速記法、創案者岩村学につき9カ月受講(以後19年8月まで同式を研究、10分間2800字程度を書く)。
 昭和19年8月末 岩村式を単画化し、11月3日国会速記者採用試験を受ける。
 基本文字を全然取りかえ、2カ月間の練習で10分間3500字に達す。
 衆議院は55名の受験者中第2位(10分間3000字~3500字の試験3回の合計ミス72点)、
 貴族院は60名中3位の成績でいずれも合格。
 昭和19年12月 衆議院速記雇となる。
 昭和20年8月15日 終戦の日、衆議院速記技手任官。
 昭和23年 家庭の事情により衆議院退職。家業に専念。
 昭和24年 中根速記協会福岡支部長、中根式(24年式)発表。濃線廃止。
 昭和26年 石村式速記法発表、中根速記協会より離れ独立する。
 (基本文字は数10通りの改訂を経て、今のものに近づいていった。他は中根式を踏襲)
 昭和27年 従来のインツチクキの逆記法を、主として順記または順逆併用に改める(この点も数十通りの案を立つ)カナ文字誘導法の発案。
 昭和30年 石村式、日本速記協会推薦方式に選定さる。
 昭和37年 濁音表示法(小円順記法)の確立(濁音表示法の研究には10年を費やす)
 昭和38年5月 評論社より初出版(石村式速記法 入門編)
 昭和39年7月 カナ文字誘導法に工夫を加え、点線えどりの指導書ジュニアコース1出版。
 昭和39年8月 小学生の速記習得可能テスト(母校の福岡奈良屋小学校3年生の児童30数名に対して行い、成功)地元新聞、ラジオ、テレビ等により報道される。
 昭和40年8月 方式中より縦線追放の大なたをふるい、面目一新、多年の研究目標、懸案事項はほとんど解決を見る。
 平成21年11月28日逝去。
 出典:石村善左著「石村式速記辞典」石村速記研究会本部 昭和41年9月20日発行
 *参謀本部第4部第12課(戦史)
 *陸軍は参謀本部、海軍は軍令部
 中根福岡 創刊号
 昭和24年12月1日発行
 中根速記協会福岡活動開始
 支部移転
 従来、奥谷支部長宅にあったものを新築の石村万盛堂2階を借り受け移転。前支部長にして同社社長石村善右氏の特別のご厚意による。
 同社では他に利用予定のものを支部員一同の熱意を入れ速記国建設のために献げんと決意せられたもの。
 8畳6畳続き一間に6畳の別室一間。
 支部役員改選
 奥谷支部長辞任のため下記のとおり役員改選す
 (支部長)石村善左
 (副支部長)豊島延治
 (委員長)石村善兵衛
 (委 員)藤野広次郎 井上正彦
 (相談役)石村善右 奥谷善蔵
 ニュース
 ○第2回支部総会開催
 去る11月5日支部移転披露を兼ねて開催。今後の活動について種々協議。
 ○高等練習会設置
 毎週火曜、土曜、夕方5時より7時まで
 ○新方式を「中根式(24年式)」と命名
 兼ねて当支部において石村善左氏を中心として中根式の改良研究が進められていたが、本年7月末遂に完成。
 実地使用の結果相当の自信を得たので、本12月を期し天下に公表することとなった。
 名称は中根速記協会長の承認を得て「中根式(24年式)」と命名。
 なお新方式の完成には石村氏が改良研究に着手してよりちょうど10年の歳月を要しているよし。
 基本文字だけでも本年に入って14回の改訂を見ている。
 ○新方式による著書発刊
 「独習 中根式(24年式)速記法 石村善左」*
 謄写版による仮印刷目下作成中、同書は第1巻基礎編、第2巻略字編、第3巻高等編よりなり、
 独習書として完璧なものをつくることになっている。
 仮印刷は1巻誌代50円ぐらいの見込み。
 部数が多くないので予約申し込み者の先着順にお分けすることにしたい。
 品切れの節は本印刷の完成までしばらくお待ち願いたい。
 *「中根式(24年式)講習用テキスト」〔中根福岡 第3号(昭和25年2月)~第13号(昭和26年6月)付録〕仮印刷を確認済み。
 速記研究会報 第2号
 昭和27年1月30日
 中根正世先生からのお便り
 中根正世→石村善左
 (前略)
 あなたのお考えは誠に結構な御事と思っております。
 速記界のみに限ったことではなく、
 あなたのような人が1人でも多ければ多いほど世の中は新しい進歩発展するものと考えております。(後略)
 昭和26年10月10日
 中根正世→石村善兵衛
 (前略)
 善左さんのことはご心配かけてすみません。
 私は善左さんのことについては、私は善左さんの味方となっていつも励ましこそすれ、
 その研究を妨げるようなことは決してしていないのですが、
 私がその前途を阻んでおるように見えるのでしょうか。
 善左さんが東京から帰られた後に手紙が来たときも、
 私は善左さんのような人がおれば速記界のみでなく、
 いかなる方面でもどのくらい進歩してゆくか、
 善左さんのような人が各方面に出ることを望んでおる旨を認めて返事したくらいでした。
 いかなることでも進歩発展のあるのは当たり前のことでありまして、
 私自身もなお研究を続けつつあるものですし、
 何も現状にこだわってはおりませんからご心配のないようにお願いいたします。
 昭和26年11月10日
 兄弟5人福商一家
 長男・石村善右(23期生)石村萬盛堂継承者
 〔明治41年9月3日~昭和54年12月5日〕
 福商を首席で卒業し、長崎高商に無試験推薦だったが進学をあきらめ、
 家業の製菓業石村萬盛堂を継いだ。
 その代わりに弟たちに大学教育を受けさせた。
 弟4人も福商卒または一時在学したことがあり福商一家といわれた。
 業界関係では全国銘菓協会常任理事を務めた。
 若いころから禅と書の修業を積み書家、仙崖研究家としても知られた。
 仙崖の名をつけた菓子を作ったり、
 仙崖和尚文化保存会を設立して仙崖和尚の顕彰に努めた。
 二男・石村善左(30期生)石村式速記法開発者
 〔大正5年3月9日~平成21年11月28日〕
 三男・石村善兵衛/暢五郎(33期生)元日本大学教授、元福商会東京支部長
 〔大正7年~平成13年12月24日〕
 昭和10年8月24日 第5回全国中根式速記中等学校競技大会優勝。
 四男・石村善助(39期生)福中転校 元東京都立大教授
 〔大正13年9月14日~平成18年7月30日〕
 昭和10年8月26日 文部大臣室で松田文部大臣に速記の実演。(11歳)
 ○日本の法学者。東京都立大学名誉教授。専門は民法、法社会学。比較法修士、法学博士。
 ○少年時代は中根式速記の俊英として全国に知られる。
 ○福岡市立福岡商業学校(現:福岡市立福翔高等学校)入学後、
 福岡県立福岡中学校(現:福岡県立福岡高等学校)に転校、卒業。
 五男・石村善治(41期生)福中転校 元長崎県立大学学長、元福岡大学副学長
 〔昭和2年2月~〕
 昭和10年8月26日 文部大臣室で松田文部大臣に速記の実演。(9歳)

2015年6月23日 (火)

2015年06月22日にいただいた石村式の速記本

【2015年06月22日にいただいた石村式の速記本】
 石村式の速記本をいただき、どうもありがとうございました。
 本日、2015年06月22日(月)22:00にちょうだいいたしました。
 私は、中学時代、高校時代、石村式で速記しました。
 けれども、趣味で速記を書いているだけではいけない、何か職業に就かなければならないということで、参議院速記者養成所に入所し、速記を職業にまで高めることができました。
 結果としては、濁音の表記の仕方は同じなのですが、日本語71音の書き方が大きく異なることになりました。
 石村式門下生は全国にいっぱいいると思いますが、国会に入り定年まで勤め上げることができたのは私だけだと思います。
 毎年のように高速度速記競技会や東京速記士会主催の速記競技会に参加してきたのも石村式門下生の中では私だけだと思います。
 速記というのは、実際に実務や競技の場で使わないと、その真価を証明することはできないと思います。
 私は、筆圧が強く字を書くのが遅かったので、何とか字を正確に速く書けるようになりたいと思って、速記を勉強してきました。
 はっきり言って、石村式のままでは、手の遅い私では、国会の速記者になるのは無理だったのではないかと思います。
 石村先生が100mを10秒台で走るエリートランナーだとすると、私の場合は12秒台後半のランナーですから、基本文字がより簡単に書ける参議院式に切り替えて正解だったと思います。
 もっと言えば、参議院式の日本語71音のうち42個変えて正解だったと思います。
 今の符号があるから今の私が存在するのだと思います。
 したがって、どの方式が国民皆速記にとって最高の速記方式かと問われれば、私は、私の現在書いている速記の書き方、HP「速記の書き方」に書いている速記の書き方が一番正しい書き方だと思います。
 そういう気持ちがなければ、人に教えたりはしません。
 いいところがあれば盗んでやろうと、衆議院式の速記教本を借りて全部写本したこともあります。
 英語はどう書けばいいのだろうと思って、日米会話学院に通ってグレッグ式の練習をしたこともあります。
 NHKのニュース、株式市況や気象通報、AKB48の歌を書いて練習したこともあります。
 40回も高速度速記競技会に出場してたどりついた速記法ですから、少なくとも私にとってこれ以上の速記法があるわけがありません。
 ただ、石村先生と同様、死ぬまで、さらに向上心を忘れずに頑張ってまいります。

2015年5月10日 (日)

2015年05月10日の講演会広告

【2015年05月10日の講演会広告】
東京速記士会六十周年記念特別講演会
芥川賞作家
辻原登氏 講演!!
演題 文化の裏に速記あり
日時 平成二十七年五月三十日(土)午後二時~四時(開場一時三十分)
会場 アルカディア市ヶ谷(私学会館)5F穂高
最寄駅 市ヶ谷(JR、地下鉄新宿線・有楽町線・南北線徒歩2分)
参加費 無料
主催 東京速記士会
後援 公益社団法人 日本速記協会
申込み先 東京速記士会 TEL/FAX 03(5763)0606
申込み締切 5月20日まで(申込み用紙裏面)
(裏面)
東京速記士会60周年記念特別講演会
参加申込書
2015年5月30日(土)開催
お名前
参加人数   人
ご住所
住所
TEL
FAX
Email
★Emailにて参加申込みをされる方は、上記項目をご記入の上、下記アドレスまで送信してください。
東京速記士会60周年記念特別講演会受付
東京都品川区東大井2-24-9-601(〒140-0011)
FAX 03(5763)0606
Email kako-k@east.cts.ne.jp
(表面)
辻原登氏プロフィール:
1945年和歌山県生まれ。
『村の名前』で芥川賞受賞。
速記を題材とした『円朝芝居噺 夫婦幽霊』、ほか
『翔べ麒麟』読売文学賞、
『遊動亭円木』谷崎潤一郎賞、
『花はさくら木』大佛次郎賞、
『許されざる者』毎日芸術賞、
『韃靼の馬』司馬遼太郎賞など著書多数。
2012年紫綬褒章受章。
現在、日経小説大賞、川端康成文学賞、司馬遼太郎賞など多くの選考委員を務める。
神奈川県近代文学館館長。   

2014年6月30日 (月)

2014年06月29日の速記料金

【2014年06月29日の速記料金】
(1)無資格者による速記料金
 記録をとるために必要とした時間×1000円
 原稿を作成するために必要とした時間×1000円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(2)6級速記者による速記料金(専門知識と専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×1200円
 原稿を作成するために必要とした時間×1200円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(3)5級速記者による速記料金(専門知識と専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×1400円
 原稿を作成するために必要とした時間×1400円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(4)4級速記者による速記料金(専門知識と専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×1800円
 原稿を作成するために必要とした時間×1800円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(5)3級速記者による速記料金(高度な専門知識と高度な専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×2400円
 原稿を作成するために必要とした時間×2400円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(6)二級速記士による速記料金(高度な専門知識と高度な専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×2800円
 原稿を作成するために必要とした時間×2800円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(7)一級速記士による速記料金(トップクラスの専門知識とトップクラスの専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×3200円
 原稿を作成するために必要とした時間×3200円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(8)高速度速記士による速記料金(全国10位以内の専門知識と専門技術)
 速記をとるために必要とした時間×3500円
 原稿を作成するために必要とした時間×3500円
 その他原稿を作成するために必要とした経費
(9)資格は、資格取得後5年間有効とする。

2014年6月23日 (月)

2014年06月23日の速記法改定

【2014年06月23日の速記法改定】
【埼玉式速記法(中村式速記法)の日本語71音の書き方】
 2010年04月01日決定。
 2014年06月23日、一部改定。
 第0条 日本語71音とは、
 「あいうえお」
 「かきくけこ」「がぎぐげご」
 「さしすせそ」「ざじずぜぞ」
 「たちつてと」「だぢづでど」
 「なにぬねの」
 「はひふへほ」「ばびぶべぼ」「ぱぴぷぺぽ」
 「まみむめも」「やゆよ」
 「らりるれろ」「わをん」の71音である。
 第1条 「あ」は、「長径2ミリ、短径1ミリ、傾き45度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第2条 「い」は、「長径2ミリ、短径1ミリ、傾き45度、90度から0度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第3条 「う」は、「2ミリ270度の直線」で書く。
 第4条 「え」は、「2ミリ315度の直線」で書く。
 第5条 「お」は、「2ミリ225度の直線」で書く。
 第6条 「か」は、「10ミリ0度の直線」で書く。
 第7条 「き」は、「5ミリ0度の直線」で書く。
 第8条 「く」は、「2ミリ0度の直線」で書く。
 第9条 「け」は、「10ミリ345度の直線」で書く。
 第10条 「こ」は、「10ミリ15度の直線」で書く。
 第11条 「が」は、「10ミリ0度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第12条 「ぎ」は、「5ミリ0度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第13条 「ぐ」は、「2ミリ0度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第14条 「げ」は、「10ミリ345度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第15条 「ご」は、「10ミリ15度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第16条 「さ」は、「直径12ミリの円の45度から0度を経て315度に至る円弧」で書く。
 第17条 「し」は、「直径6ミリの円の225度から270度を経て315度に至る円弧」で書く。
 第18条 「す」は、「直径6ミリの円の135度から90度を経て45度に至る円弧」で書く。
 第19条 「せ」は、「直径6ミリの円の180度から135度を経て90度に至る円弧」で書く。
 第20条 「そ」は、「直径12ミリの円の0度から315度を経て270度に至る円弧」で書く。
 第21条 「ざ」は、「直径12ミリの円の45度から0度を経て315度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第22条 「じ」は、「直径6ミリの円の225度から270度を経て315度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第23条 「ず」は、「直径6ミリの円の135度から90度を経て45度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第24条 「ぜ」は、「直径6ミリの円の180度から135度を経て90度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第25条 「ぞ」は、「直径12ミリの円の0度から315度を経て270度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第26条 「た」は、「6ミリ225度の直線」で書く。
 第27条 「ち」は、「直径6ミリの円の360度から315度を経て270度に至る円弧」
 または「5ミリ15度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第28条 「つ」、「っ」は、「5ミリ270度の直線」
 または「前の線の後部と後ろの線の前部を交差」して書く。
 第29条 「て」は、「6ミリ315度の直線」で書く。
 第30条 「と」は、「10ミリ255度の直線」で書く。
 第31条 「だ」は、「6ミリ225度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第32条 「ぢ」は、「直径6ミリの円の360度から315度を経て270度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第33条 「づ」は、「5ミリ270度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第34条 「で」は、「6ミリ315度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第35条 「ど」は、「10ミリ255度の直線の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第36条 「な」は、「直径12ミリの円の225度から270度を経て315度に至る円弧」で書く。
 第37条 「に」は、「直径6ミリの円の90度から135度を経て180度に至る円弧」
 または「直径12ミリの円の225度から270度を経て315度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第38条 「ぬ」は、「5ミリ345度の直線」で書く。
 第39条 「ね」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き90度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第40条 「の」は、「直径12ミリの円の270度から315度を経て360度に至る円弧」で書く。
 第41条 「は」は、「直径12ミリの円の180度から225度を経て270度に至る円弧」で書く。
 ただし、「は」を「わ」と発音する場合は「わ」と書く。
 すなわち、「長径2ミリ、短径1ミリ、傾き0度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 しかし、「は」を「わ」と発音したときに「は」と書く場合もある。
 第42条 「ひ」は、「直径6ミリの円の270度から315度を経て360度に至る円弧」で書く。
 第43条 「ふ」は、「直径6ミリの円の180度から225度を経て270度に至る円弧」で書く。
 第44条 「へ」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き45度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第45条 「ほ」は、「直径12ミリの円の135度から180度を経て225度に至る円弧」で書く。
 第46条 「ば」は、「直径12ミリの円の180度から225度を経て270度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第47条 「び」は、「直径6ミリの円の270度から315度を経て360度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第48条 「ぶ」は、「直径6ミリの円の180度から225度を経て270度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第49条 「べ」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き45度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第50条 「ぼ」は、「直径12ミリの円の135度から180度を経て225度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第51条 「ぱ」は、「長径6ミリ、短径2ミリ、傾き315度、200度から270度を経て20度に至る楕円弧」で書く。
 第52条 「ぴ」は、「長径6ミリ、短径2ミリ、傾き45度、160度から90度を経て340度に至る楕円弧」
 または「直径12ミリの円の270度から315度を経て360度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第53条 「ぷ」は、「長径6ミリ、短径2ミリ、傾き0度、160度から90度を経て340度に至る楕円弧」で書く。
 第54条 「ぺ」は、「長径6ミリ、短径2ミリ、傾き45度、160度から270度を経て340度に至る楕円弧」で書く。
 第55条 「ぽ」は、「長径6ミリ、短径2ミリ、傾き45度、20度から90度を経て200度に至る楕円弧」で書く。
 第56条 「ま」は、「直径12ミリの円の135度から90度を経て45度に至る円弧」で書く。
 第57条 「み」は、「直径12ミリの円の90度から135度を経て180度に至る円弧」
 または「直径12ミリの円の135度から90度を経て45度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第58条 「む」は、「5ミリ15度の直線」で書く。
 第59条 「め」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き90度、90度から0度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第60条 「も」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き45度、90度から0度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第61条 「や」は、「直径12ミリの円の180度から135度を経て90度に至る円弧」で書く。
 第62条 「ゆ」は、「直径6ミリの円の135度から180度を経て225度に至る円弧」で書く。
 第63条 「よ」は、「直径6ミリの円の45度から0度を経て315度に至る円弧」で書く。
 第64条 「ら」は、「直径12ミリの円の90度から45度を経て0度に至る円弧」で書く。
 第65条 「り」は、「長径2ミリ短径1ミリ傾き0度の楕円の90度から0度を経て270度に至る楕円弧」
 または「直径6ミリの円の90度から45度を経て0度に至る円弧の最後に直径1ミリの円」で書く。
 第66条 「る」は、「直径6ミリの円の90度から45度を経て0度に至る円弧」で書く。
 第67条 「れ」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き0度、90度から0度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第68条 「ろ」は、「長径4ミリ、短径2ミリ、傾き0度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第69条 「わ」は、「長径2ミリ、短径1ミリ、傾き0度、90度から180度を経て270度に至る楕円弧」で書く。
 第70条 「を」は、「2ミリ225度の直線」
 または「2ミリ225度の直線」を流して書く。
 第71条 「ん」は、「2ミリ45度の直線」を流して書く。
 または「n」すなわち「5ミリ0度の直線」で書く。
 第72条 線を流して書いて「清音+ん」、線をはね上げて「濁音+ん」を表す。